クスリのロゴ

良い薬・悪い薬情報から病院・医者までの総合サイト

  • サイトマップ
  • お問い合わせ

風邪でくすりに頼りすぎて解熱剤で熱を下げると治りにくい

解熱剤で下げるとかぜは治りにくい

とにかく肝心なことは、ふだん、よほど健康状態や栄養状態が悪くないかぎり、「かぜ、インフルエンザにかかってもこわくない」という自信をもつことです。

かぜウイルスは冷たいところが好きですから、熱はウイルスや細菌をやっつけるための重要な防御反応になります。「さむけ」や「ふるえ」は、低すぎる体温を「上げよ」と「脳」が指令した結果、筋肉が収縮するからです。こうして苦労して熱を出すと、かかった本人もしんどいですが、かぜやインフルエンザウイルスはもっとしんどい。せっかく上がった熱を解熱剤で無理に下げると、一時は楽ですが結果的には逆効果になります。

抗炎症解熱剤はかぜやインフルエンザより危険
解熱剤の中でも強力なのが抗炎症解熱剤。ウサギに細菌を注射して感染させ、アスピリン系の抗炎症解熱剤を使ったウサギと、使わなかったウサギを比較しました。使わなかったウサギ7羽は、はじめは高熱でしたが、途中から解熱し、5羽が生存しました。ところが、使ったウサギ9羽は、はじめは熱が低いのですが、途中から逆に高熱になり、すべて死亡しました。

はしかウイルスに似たウイルスをウサギに接種した実験でも、解熱剤のメフェナム酸(商品名「ポンタール」など)を使用したウサギのほうが、解熱剤を使用しなかったウサギよりもリンパ節中のウイルス量が100~1000倍も多くなり、死亡したのです。

その後多くの動物実験を集めたところ、9つの医学文献があり、合計15の実験が行なわれていました。それを集計したところ、合計するとウイルスや細菌などを感染させただけでは161匹中15匹(9.3%)が死亡しただけでしたが、非ステロイド抗炎症剤(NSAIDs)を使用した場合は179匹中82匹(45.8%)が死亡していました。
これによると抗炎症剤がかぜよりも10倍危険ということになり、そう結論して間違う確率は一億分の一より少ない、つまり間違いはほぼゼロという結果でした。

中外製薬がスポンサーとなって行なわれた抗インフルエンザウイルス剤「タミフル」の臨床試験で、抗炎症解熱剤を使用しなかった224人は、平均4.4日でかぜ、インフルエンザ様の症状がなくなりました。一方、抗炎症解熱剤を使用した27人は、症状が消えるまで平均5.8日かかりました。

抗炎症解熱剤を使用した群のほうが治るのが遅かったのです。
この結果は動物実験の結果と一致しています。多数が使った中で重症になった人が「インフルエンザ脳症」と呼ばれ、インフルエンザは「脳症」を起こすから怖い、と恐れさせられました。同じ状態を以前は「ライ症候群」「原因不明の脳症」と言い、脳症になるのは、インフルエンザよりも普通のかぜなどウイルス感染症が圧倒的に多かったほどです(インフルエンザの3倍)。それを突然「インフルエンザ脳症」という言葉に変えて呼ぶようになりました。タミフル登場(2001年)の直前です。タミフルの露払いキャンペーンではと疑いたくなります。

09年のパンデミック騒ぎでは、脳症より「肺炎」(実は急性呼吸窮追症候群:ARDS)の合併が怖いと報道されていました。脳症でも肺炎(ARDS)でも、肝障害や腎障害、横紋筋融解症など多臓器不全を伴い、体のあちこちが傷害されます。どうしてこのようなことが起きるのでしょうか。

インフルエンザに限らず感染症で出た熱を解熱剤(特に抗炎症剤)で下げ、炎症を抑えると、ウイルスが増えます。するとウイルスをやっつけるために体が反応してさらに高熱にし、体内の化学物質(インターフェロンや腫瘍壊死因子などサイトカインという)を増加させます。

サイト力インは血液中を巡っているので、過剰になればウイルスだけでなく血管の内壁が破壊されます。そのため脳だけでなく肝臓や腎臓、肺、心臓、膵臓、筋肉、血液系まで傷害されるのです。サイトカインが過剰になり全身を攻撃するようになった状態をサイト力インストーム(サイトカインの嵐)と言います。

米国でアスピリンの使用規制でライ症候群が起きなくなり、日本ではボルタレンなどのきつい解熱剤の使用制限で、タミフル導入前には死亡する重症脳症が激減していたことから、いかにこれらきつい解熱剤が悪さをしていたかが伺えます。「やっぱり危ないタミフル」では、スペインかぜで多数が死亡した主な原因がアスピリンだと指摘しましたが、米国でライ症候群を研究していた学者も同じ考えを2009年に論文で述べていました。

09年インフルエンザの死者がメキシコや米国で多かったのは、イブプロフェンというきつい解熱剤が市販され多用されているからと、考えています。