クスリのロゴ

良い薬・悪い薬情報から病院・医者までの総合サイト

  • サイトマップ
  • お問い合わせ

胃腸薬を飲むとデメリットのほうが大きい

時間が解決

食べすぎ、胃もたれ、二日酔いで胃がむかむか。早くなんとかしたい。このような症状は時間が解決してくれます。
胃腸薬といっても抗潰瘍剤、吐き気止め、消化剤(消化酵素剤)、便秘薬、整腸剤、下痢止め、利胆剤、痔疾用剤、潰瘍性大腸炎用剤など、多種多様です。ここでは、胃腸薬の代表格、胃・十二指腸潰瘍に用いる薬剤を中心にお語をします。

胃・十二指腸潰瘍の薬は七種類で十分
胃には、食べ物といっしょに体に有害な菌やウイルスなどが入ってきます。強力な酸(塩酸)を主成分とする胃酸によって、有害なものを殺菌します。

胸やけが起こるのは、胃酸が食道にまで逆流してきたため。食道は胃酸で傷つくのに、胃の粘膜は胃酸がたっぷりあっても平気です。これは、胃の粘膜が分厚い粘液に守られているからです。アルコールの暴飲で胃が不快になるのは、アルコールから変化したアセトアルデヒドの中毒で脳が刺激されることと、この粘液が溶かされ、胃壁が直接胃酸の攻撃にさらされ、荒れるからです。

ところで、以前は完全に無菌状態と考えられていた胃の中にも菌がいることがわかりました。「ピロリ菌」(正しくは「へリコバクタ・ピロリ」)が胃・十二指腸潰瘍の原因として重視されるようになり、胃・十二指腸潰瘍の治療方法はすっかり変わってきました。

以前は胃酸を抑え、粘膜を保護すると称する種々の薬剤使用が主な治療方法だったのですが、現在はピロリ菌を抗生物質で消減させてしまうことで、青・十二指腸潰瘍がもっと治りやすくなったのです。

胃・十二指腸潰瘍の原因も、大きく二つに絞られてきました。ピロリ菌と、抗炎症解熱鎮痛剤を使用していることが二大原因です。もちろんストレスや喫煙、特に喫煙は相変わらず無視はできません。

たばこを吸っている人は止めましょう
世界の医学の教科書に載っている胃・十二指腸潰瘍用の薬剤は、次の七つです。
①胃酸を中和するもの(制酸剤)
②胃潰瘍の面に膜を張って、胃酸の攻撃を防御するもの(スクラルファート)
③副交感神経抑制剤(胃酸を抑え、胃けいれんを和らげる)
④H2ブロッカー (胃酸を抑える)
⑤プロトンポンプ阻害剤(胃酸を抑える)
⑥非ステロイド抗炎症剤により潰瘍ができるのを抑える薬剤(ミソプロストール)
⑦ピロリ菌を排除するもの(抗生物質)


厳密にはもう一種類(ビスマス剤)ありますが、日本では未承認ですし、なくても特に困りません。
しかし、日本にはこのほかに30種類余りの不要な薬があります。2003年に発表された厚生労働省研究班の胃潰瘍診療ガイドラインでも、約20種類の薬剤が「推奨しない」とされました。

なかには、効かないだけでなく、危険なものもあり、それでいて高価ときていますから、たちが悪い。

日本発・世界的評価の高いスクラルファート
先にあげた7種類は、胃・十二指腸潰瘍の治療には必要な薬剤です。しかし、それでも注意すべきことはあるのです。使われすぎの割には危険性があまり浸透していないのがH2ブロッカー。

一方、世界的には評価が高いのに日本では評価が低く、しかも安価なため、逆にあまり使用されていないのがスクラルファートです。この二つについて特に詳しく解説します。

スクラルファートは、日本の中外製薬によって開発されたアルミニウム化合物です。胃酸を中和する作用もありますし、胃・十二指腸潰瘍面のタンパクと結合して膜を張り、胃酸の攻撃から守ります。

少し便秘しやすいですし、食前に使用しないと効果がありません。少し使いにくいですが、潰瘍の再発率がH2ブロッカーよりも少ないし、感染症などの全身的な副作用が少なくて、患者のストレス潰瘍の予防に対しても、H2ブロッカーより優れています。

さて、問題のH2ブロッカー。効き目も確かですが、せん妄、つまり急性の認知症様症状を起こすことの多い要注意の薬剤です。ほかの薬剤で胃が荒れるのを抑えるために、胃・十二指腸潰瘍でなくても、病院では点滴などに入れて頻繁に使用されます。

H2ブロッカーは、胃壁にある胃酸分泌に関係するヒスタミンH2受容体を抑えて胃酸分泌を抑制します。胃・十二指腸潰瘍の治療を一変させ、それまでは手術が必要だった人も手術を免れるようになったほどの優れた薬ですが、その副作用に関する知識が医師にもあまり浸透していません。

ヒスタミンというのは体の防御機能を担っている重要な化学物質の一つ、炎症反応の重要なもので、炎症を始まらせるときにも、炎症を終わらせるときにも必要です。

アレルギーや炎症の起こりはじめにヒスタミンが関係することは医師もよく知っていますが、アレルギーや炎症を終わらせるときの役割は、あまり意識されていません。しかし、傷の治りかけにかゆくなる現象は、このヒスタミンによるものなのです。

H2ブロッカーは、その働きを抑えるので、胃酸だけでなく、必要時に白血球や血小板が増えるのを抑えます。そのため、感染症が起こりやすくなるのです(胃酸が減って菌が増殖しやすくもなる)。

リンパ球の働きも抑えるため、自己免疫疾患を起こしたり、軽い自己免疫疾患が重症化したり、ほかの薬剤性アレルギーが悪化しやすくなります。そして炎症の終了に働いているヒスタミンを抑えると、炎症反応がなかなか完了しない。つまり、傷や感染症の完全な治癒が遅れてしまいかねません。

また、H2ブロッカーは、神経や精神にも作用します。高齢者ではせん妄がよく起きますし、全身のけいれんが起きることもあります。ゆっくり進行する認知症と違い、認知症様の症状が一日から数日のうちに起きてきます。服用量が多すぎたり、高齢者や腎臓が悪い人、がんの末期で高カルシウム血症を起こしているような人では、せん妄症状が出やすいので、特に注意が必要です。また、腎臓病や肝臓病の人では、ほかの副作用がより出やすくなります。

多用されている割に、せん妄や自己免疫疾患の悪化、感染症の悪化などが起きていることは、あまり知られていません。
市販の胃薬にも使われ、宣伝もよくされていますが、長期に使用するのは危険です。たかが胃腸薬とあなどるなかれ。

正露丸を飲むとデメリットのほうが大きい
正露丸の主成分クレオソートは、製法はどうあれ、フェノール14・5%、クレソール28・8%などの消毒剤を含むフェノール系化学物質の混合物です。フェノール系化学物質であるクレオソート細胞毒です。WH0の国際がん研究所(IARc)の分類で、ヒトに対する発がんの証拠はかぎられているが動物に対する発がんの根拠は十分であり、全体としてみた場合、「たぶん発がん物質」に分類されています。神経や血液、腎臓をも傷害します。

動物実験では、下痢を抑える量を三カ月から二年用いると貧血が起き、ヒトが使う量の3~3・5倍で腫瘍ができ腎臓萎縮が起きています。安全な量がどの程度なのか不明です。ある60歳の男性は、7日間に常用量の約4倍(約250個)の正露丸をのんで、腸が麻輝して腸閉塞になり、小腸壊死のため80cmも小腸を切除しなければならなくなりました。手術後は尿毒症になりましたが、透析でかろうじて一命をとりとめました。つまりヒトでも、たかだか4倍の量を服用してしまうと、一週間で死亡しかねないという毒性をもっているのです。

薬の説明書には、「5歳未満には禁止」「水や白湯なしでは絶対服用しない」など、絶対してはいけないことが四つも書いてあります。正露丸をのむのは止めましょう。
また、ウイルス性腸炎はこわい病気ではありません。手洗いを励行し、加熱調理を心がけること。
かかったら温かいものを食べ、水分と塩分を補給して安静を心がければ、2~3日で治る病気です。