クスリのロゴ

良い薬・悪い薬情報から病院・医者までの総合サイト

  • サイトマップ
  • お問い合わせ

あなたはどっち?人間の体質は「陽」と「陰」に分かれている

人間の体質も「陽」と「陰」に分けられる。男は「陽」が強く、女は「陰」が強い。ただし、「ずんぐりむっくり、赤ら顔のおじさん」は強陽性で、男でも「色白、長身(上に拡がる状態)で、目が大きくて白髪になりやすい人」は陰性である。

陽性の体質をひと言でいうと、筋肉がよく発達した人といっていいだろう。生まれつき筋肉が発達していると首や手足が短く見えるので「ずんぐりむっくり」になるわけだ。

後天的に筋肉を鍛えた人も陽性である。人間の体温の40%以上は筋肉から出ているのだから、陽性体質の人は体が温かく、それゆえ体もよく動き、陽気で食欲も旺盛なので元気いっぱいの半生を過ごすが、一方、食べ過ぎてガン、脳梗塞、心筋梗塞などの欧米型の病気にかかって早死にする人も多い。力士がおしなべて短命であることを考えればよくわかるだろう。

逆に、陰性体質の人は、筋肉が少なく、代わりに脂肪か水分が体に多いので体が冷え、いつも肩こり、頭痛、めまい、耳鳴り、動悸、息切れなどの不定愁訴で悩む。病気にかかったとしても、低血圧、貧血、胃炎、アレルギー、リウマチ、うつ、むくみなどが多い。


陽性
特徴
太陽、夏、昼
赤、黒、橙、黄
男性、とくにハゲ頭、暑がり、血圧高め、筋力あり、活発、便秘がち

かかりやすい病気
高血圧、脳卒中、心筋梗塞、便秘、欧米型ガン、肺、大腸など、糖尿病、痛風

食べ物
北方産、硬い
赤、黒、橙、黄色のもの
塩、昧噌、しょう油、メンタイコ、根菜(ゴボウ、ニンジン、レンコン、生姜、ヤマイモ)
黒っぽいもの(紅茶、海藻、小豆、 黒豆)
日本酒、赤ワイン、梅酒、お湯割りのウイスキー


陰性
特徴
月、冬、夜
青、自、緑、藍色
女性、男性でも白髪、冷え性、低血圧、下痢(または便秘)、体力ない、朝弱く、よいっばり

かかりやすい病気
低血圧、貧血、胃炎、潰瘍、胃ガン、アレルギー、リウマチ、
痛みの病気、うつ病、精神病、自殺、むくみ、膠原病、バセドウ病

食べ物
南方産、柔らかい、水っぽい
青、白、緑色のもの
水、酢、牛乳、ビール、ウイスキー、コーラ、ジュース
南方産(バナナ、パイン、ミカン、レモン、メロン、 トマト、キュウリ、スイカ、カレー、コーヒー、緑茶)
白いもの(白砂糖、バン、化学調昧料、化学薬品)
葉菜類


間性
特徴


食べ物
黄色のもの
玄米、玄麦、黒バン、トウモロコシ、イモ、大豆
北方産の果物(リンゴ、ブドウ、サクランボ、プルーン)


こうした陽性、陰性の体質の行き過ぎが病気を生むことになる。だから、病気の予防、治療には、自分の体質と反対の性質を持つ食べ物をしっかりとり、体質をできるだけ間性に持っていけばいいということになる。

つまり、陰性体質だったり陰性の病気にかかっている人は陽性の食べ物をしっかり食べ、逆に、陽性体質だったり陽性の病気にかかっている人は、陰性の食べ物を十分にとることで間性の体質に近づき、健康が増進し、病気の治癒にもつながっていくわけだ。もっとも、現代の日本人は低体温の人がほとんどであって、陽性体質の人はまれである。