クスリのロゴ

良い薬・悪い薬情報から病院・医者までの総合サイト

  • サイトマップ
  • お問い合わせ

漢方薬はそれぞれの症状に合わせて処方される

漢方薬とは

漢方薬とは漢方薬は生薬(薬草、動物、鉱物など)を複数、決められた分量で組み合わせた薬です。漢方治療では、患者さんの自覚症状や診察結果から患者さんの体質などを含めた総合的な状態を示す「証」を見定めることにより、使用する薬の決定がされます。そのため、同じ症状でも「証」が異なれば使用される薬も異なる場合があります。

漢方に使われる生薬の多くは植物の根、茎、樹皮、果実、花などさまざまな部位から得られるもので、食品として使われているものもあります

たとえば、ショウガの根は漢方ではショウキョウ(生姜)、杏仁豆腐にも使われるアンズの種は漢方ではキョウニン(杏仁)と呼ばれています。また動物や鉱物から得られる生薬としては、ウシの胆石であるゴオウ(牛黄)、カキの貝殻であるボレイ(牡蛎)、大型哺乳動物の化石化した骨であるリュウコツ(竜骨)、石膏などが当てはまります。

これらの生薬を組み合わせると薬になりますが、それぞれの組み合わせ(処方)には、葛根湯、小青竜湯などの処方名がつけられています。たとえば、葛根湯という処方名は、葛根(クズの根)、桂皮、生姜、大棗(ナツメの果実)、甘草、芍薬、麻黄の7種類の生薬の組み合わせになります。

Q 民間薬とはどのように違うのですか?
A 民間薬は生薬を使用する点では漢方薬と似ていますが、生薬を1種類だけ使うことが多く、分量や使用方法などにも決まりはありません。下痢止めのゲンノショウコ、便秘や皮膚疾患に用いるドクダミなど、昔からの経験による生活の知恵のような薬であるといえます。生薬には、漢方薬と民間薬の両方で使われるものもありますが、ドクダミなどのように民間薬のみで使われるものや、柴胡や麻黄などの漢方薬のみで使われるものもあります。

Q 漢方薬に健康保険は使えますか?
A 漢方薬にも西洋薬と同じように、「一般用漢方製剤」と「医療用漢方製剤」があります。
「一般用漢方製剤」は医師の処方せんなしで薬局やドラッグストアで購入することができますが、市販薬なので健康保険は適用されません。
「医療用漢方製剤」は医師の処方により使われる漢方薬で、他の医療用医薬品と同様に医師の処方せんを保険薬局に持って行くことで入手でき、健康保険が適用となります。漢方製剤には、「湯剤」「散剤」「丸剤」「エキス剤」などの種類がありますが、現在使われている医療用漢方製剤の多くは、顆粒状のエキス剤です。
これは、生薬を煎じた液を濃縮したものを乾燥させ顆粒状にした薬です。顆粒状のエキス剤は煎じる手間がかからないため、簡単に飲めるようになりました。また、品質の保持に優れていることや携帯しやすいといった特長があります。