クスリのロゴ

良い薬・悪い薬情報から病院・医者までの総合サイト

  • サイトマップ
  • お問い合わせ

湿布を使うのはほとんど日本人だけ

誰しも一度は使ったことがある「湿布」

湿布を使うのは日本人だけ筋肉痛の時や、急に腰が傷んだ時、欠かせない存在ですよね。
お年を召した方なんかと一緒に住まわれてる方は、家に一枚はあると思います。

そんな生活に欠かせない湿布ですが、実は筋肉痛の時などに湿布を使うのは、実はほとんど日本人だけ、というのはご存知でしたか?近年はアジアを中心に、痛みを止める目的で湿布を使う人が増えていますが、欧米人のほとんどは、飲み薬やクリームを使って対処しています。

元々、湿布の中でも白いもの(パップ剤)は、紀元前1500年頃のエジプト、エジプト第三王朝メントホーテップ女王時代に登場しています。当時の記録「パピルス・エーベルス」に、パップ剤を意味する言葉が確認されています。

また、「パップ剤」という名前は、オートミールや、小麦粉を水や牛乳などで調理した、粥、あるいは半液状の物質のことを指す、Pap(イギリス、オランダ)、Papp(ドイツ)という言葉から由来しています。近代となると、消炎鎮痛成分を含む膏体を、支持体と共に薄く伸ばしたものが、よく見るパップ剤となって使われているのです。

そしてパップ剤といえば、あの独特の薬の臭い、病院の臭いと例えられるような、くさい臭いですよね。少し昔までのパップ剤はそうした臭いがするのが定番で、パップ剤を良く使うおじいちゃんやおばあちゃんの家も、似たような臭いがしたものでした。実はそういった臭いは、パップ剤に含まれる「ハッカ油」という成分によるものなのです。聞いたことありませんか?

ハッカ油はテレビはインターネットでも、その名前を見たことはある人がいるのではないのでしょうか?お風呂に入れたり、マスクにつけたりして、スーッとした感覚を得られる便利アイテムとして一時期話題になりました。

それもそのはず、このハッカ油には「L-メントール」という、スーッとする成分が含まれています。最近のパップ剤(テープ剤)は、ハッカ油から抽出したこのL-メントールを使用しているので、スーッとはしても、あまり臭くはないのです。

どうです?古代エジプトの時代からあるパップ剤ですが、最近は色々な工夫がされているパップ剤がたくさんあるんですよ。
古くて新しい薬、パップ剤。皆さんも、良かったらどんなパップ剤(テープ剤)があるか、是非探してみて下さいね。