クスリのロゴ

薬や病気・漢方に関するおすすめの資格まとめ

薬や病気・漢方に関するおすすめの資格まとめ

漢方アドバイザー

漢方薬の正しい知識を習得し生活改善法や漢方薬の選び方をアドバイス
医療、薬局だけでなく薬膳料理に携わる人にも役立つ資格です。
漢方への関心が高まるなかで、漢方の正しい考え方や知識を習得し、漢方利用者に対して漢方の持つ体質改善免疫能力の向上、健康増進や病気の予防の効果等の生活改善の方法や漢方薬の選び方をアドバイスできるようになるための検定です。

日本チェーンドラッグストア協会認定の漢方アドバイザー養成講座を受講し修了する必要があります。

講座は、気血水、陰陽、五行、病因学説、漢方診断の基本思想と方法、漢方医学治療の原則などについて詳細に学習します。学習方法は通信教育方式で、DVDによる学習もあり、期間は10カ月です。

学習修了後に認定試験を受け合格すると、認定書の交付と認定登録がおこなわれ漢方アドバイザー会員として登録され、活動できるようになります。医療、薬局はもちろん薬膳料理に携わっている人や東洋医学に関心のある人に役立つ資格です。


テキスト5冊に別冊1冊とDVDで学習
学習カリキュラムは、テキスト5分冊に別冊、DVD1巻で、添削は10回受けられます。
テキスト第1巻目は、漢方に関する基礎知識編で、中医薬学小史と中医薬学基礎知識について学ぶ。

テキスト第2巻目は、「漢方に関する基礎知識編」で、中医診断学概要と中医の基本知識(上)について学ぶ。テキスト3巻目は、「漢方に関する実践知識編」で、中薬の基本知識(下)と常用中薬について学ぶ。

テキスト第4巻目は、「漢方に関する実践知識編」で、常用方剤について学ぶ。テキスト第5巻目は、「漢方に関する実践知識編」で、食物の医療・保健作用と病気と中医弁証治癒について学ぶ。

また、別冊として「日本常用漢方処方類の方剤学図解」がついており、学習をバックアップしてくれる。さらに、DVDは「漢方の世界」が収録され、映像で講義が受けら得れるようになっています。


受験データ
受験資格:漢方アドバイザー養成講座修了
検定日:毎年2回(7月、11月)
受験地:全国主要都市(5~8都市)
受験料:5,250円(養成講座受講料105,000円)
[問い合わせ先]
日本チェーンドラッグストア協会
へルス・アンド・ビューティケア人材育成センター

広告
この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!